iPhoneの最新チップはハイエンドモデル専用になるらしい

iPhoneの最新チップはハイエンドモデル専用になるらしい

2022年7月7日

Appleは今秋にiPhone 14シリーズを発表すると予測されていますが、最新のA16チップを搭載するのはiPhone 14 Pro(ハイエンドモデル)のみになるようです。これは今年だけではなく、将来のiPhoneでも同様に、ハイエンドモデルのみが最新チップを搭載すると予測されています。

iPhone 14はA15チップ、iPhone 14 ProはA16チップになるそうです

iPhone 14 Pro – Purple – Vertical
FRONT PAGE TECHによるiPhone 14 Proのレンダリング画像

Appleの情報に定評のあるアナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleは最新のA16チップをiPhone 14 Pro専用にする可能性があると伝えていましたが、改めて新しいレポートを公開しています。

Kuo氏によると、A16チップはiPhone 14 Pro/Pro Maxの専用になり、2022年のハイエンドモデルの出荷比率が大幅に増加(40%〜50%→55〜60%)するとのこと。

これは、ソニー(CIS)やLG Innotekなどハイエンドコンポーネントサプライヤーに利益をもたらすことになるとのこと。

Appleが最新チップをハイエンドモデルのiPhone専用にするのは2022年だけではなく、来年以降のモデルでも同じだと伝えています。つまりiPhone 13シリーズに搭載されたA15チップが、iPhone 14にも搭載されることになります。

Appleは2022年秋、「iPhone 14」シリーズとして、iPhone 14、iPhone 14 Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxの4モデルを発表すると予測されています。

drip公認バリスタ