Appleは来年、16インチのiPadを発表する可能性があります

Appleは来年、16インチのiPadを発表する可能性があります

2022年10月28日

Appleは2023年の第4四半期に、16インチの大きなディスプレイを搭載したiPadを発表する可能性が伝えられています。大型のiPadの噂は以前から報じられていました。

ラップトップ並みの大型ディスプレイ、16インチのiPadが登場か

Apple-iPad-Pro-Magic-Keyboard-M2-hero-2up-221018.jpg

The Informationによると、Appleは2023年の第4四半期に、16インチのディスプレイを搭載したiPadを発表する可能性があるようです。

16インチともなればMacBook Proと同じ大きさですり、The Informationは「ラップトップとの境界線がさらに曖昧になる」と伝えています。

大型のiPadについての噂は、以前から複数伝えられています。Appleの情報で信頼性の高い、BloombergのMark Gurman記者は2021年、Appleはより大きなディスプレイを搭載したiPadを模索している、と伝えています。

ディスプレイ業界のサプライチェーン向けに調査レポートなどを報告するDSCC(Display Supply Chain Consultants)のCEOを務め、Appleのディスプレイ関連のリーク情報で高い信頼性のあるRoss Young氏も今年6月、2023年初頭に14.1インチでミニLEDとProMotionを搭載したiPad Proが登場する予定と伝えていました。

またリーカーのMajin Bu氏は、AppleはM2 iPad Pro向けのmacOSをテストしているという情報を伝えています。

仮に16インチのiPad Proが登場したとして、価格はびっくりするほどお高くなりそう。12.9インチのiPad Proが172,800円からなので、20万円以上にはなりそうですね。

drip公認バリスタ