有機ELディスプレイを搭載した13インチMacBook AirやiPad Proが2024年発売との情報

有機ELディスプレイを搭載した13インチMacBook AirやiPad Proが2024年発売との情報

2022年12月14日

Appleは2024年に、有機ELディスプレイを搭載した3つの新製品を発売する可能性があります。1つは13インチMacBook Air、2つ目は11インチiPad Pro、3つ目は12.9インチiPad Proです。

MacとiPadに、初めての有機ELディスプレイ搭載モデルが登場するかも

macbook-air

Appleのディスプレイ関連のリーク情報で高い信頼性のあるRoss Young氏によると、Appleは2024年に、有機EL(OLED)ディスプレイを搭載した13インチMacBook Air、11インチiPad Pro、12.9インチiPad Proを発売する予定だそうです。

有機ELディスプレイを搭載したiPadに関する情報は過去にもあり、現在のiPad Proで採用されているミニLEDはOLEDへ移行する前段階であるという見方がされていました。

ミニLEDとOLEDで長所短所はありますが、OLEDを採用することで、輝度やディスプレイ寿命は向上し、消費電力は削減できます。

現行のiPadやMacBookに、OLEDを採用しているモデルはなく、OLEDを採用しているのはiPhoneとApple Watchのみです。

とはいえ、2023年には15インチMacBook Airと、ミニLEDを採用したApple純正の外部ディスプレイが登場するという噂もあります。他にも16インチの大きなディスプレイを搭載したiPadを発表するという噂もあります。

OLEDのMacBook AirやiPad Proが登場するのであれば、2023年はガマンしたほうがいいかもしれないですね。それだけ、OLED採用による消費電力の削減は大きいと思います。

drip公認バリスタ