新しいiPad Pro用Magic Keyboardは、アルミニウム製でトラックパッドが大きくる

新しいiPad Pro用Magic Keyboardは、アルミニウム製でトラックパッドが大きくる

2

Appleは2024年に新型iPad Proと新しいMagic Keyboardを発表すると予測されていますが、Magic KeyboardはiPad Proをよりラップトップに近づけるものになるようです。

Appleの情報に信頼性の高い、BloombergのMark Gurman記者の最新ニュースレターによると、Appleが2024年に発表予定のiPad Pro用Magic Keyboardは、iPad Proをよりラップトップに近づけると伝えています。

Mark Gurman記者は先週のニュースレターで、Appleは2024年にiPad Proに大幅アップデートが行われ、Magic Keyboardも刷新されると伝えていました。

来年登場のiPad Pro、M3チップと有機ELを搭載しMagic Keyboardも刷新か

最新のニュースレターでは、Magic Keyboardについて、新たな情報が伝えられています。

Mark Gurman記者によると、トラックパッドが大きくなり、キーボード周辺のトップケースはアルミニウムが採用されるとのこと。

アルミニウムの採用で、Macのようなデザインと高級感のあるアクセサリーになるようです。なお、Magic Keyboardの外側はアルミニウムではなく、現行モデルのカバー素材が引き続き利用されるとしています。

また新型Magic KeyboardにもUSB-Cポートが1つ搭載されるそうです。

Mark Gurman記者は、アルミニウムは軽量な素材であるため、重量はそれほど重くならないと予測。Magic Keyboardは重いというのは、引き続き変わらないようです。価格が高くなるかは不明としています。