Apple Watch 発表直前に新機能などの詳細情報がリーク

applewatch-rumour.jpg

@JUNP_Nです。Apple Watchの詳細が発表されるスペシャルイベント直前に、Apple Watchのまだ発表されていない新機能などの情報が9to5Macにより伝えられています。


バッテリーの持ちはヘビーユースで5時間、2日間充電なしでの利用は無理

Applewatch rumour

Apple Watchの電池の持ちは悪いと言われていましたし、ティム・クックCEOもApple Watchについて「毎晩充電している」とコメントしています。

パワーリザーブモード」や2秒以上操作がなかった場合の「自動スリープ機能」なども搭載しているそうですが、2日間の連続使用は難しいそうです。

心拍数を図る機能「Heart Rate Glance」

未発表の機能の1つが「Heart Rate Glance」です。心拍数を確認することができる機能のようです。

通知センターとGlances

Glancesというウィジェットのようあ機能があり現時点では10個のGlancesがプリインストールされているそうです。

  1. Battery Life
  2. Heart Rate
  3. Fitness Stats
  4. Activity
  5. Clock
  6. Weather
  7. Music
  8. Quick Settings
  9. Calendar
  10. Maps

また、Apple WatchにはiPhoneのような「通知センター」が搭載されているそうです。操作方法もiPhoneと同様に画面上部から下にスワイプすることで表示されます。

ストレージ容量と音楽アプリ

Apple Watchの試作機では8GBの容量があったそうですが、製品版ではどうなるかは不明だそうです。

そしてApple Watchには音楽の保存が可能。iPhoneと接続されていなくても再生するこおtができ、Bluetooth経由での聴くことも可能になっているとのこと。

Apple Watchを管理するiPhoneアプリ「Companion」

Apple Watchは「iPhone 5以降が必要」という情報もあり、Apple Watchの管理をするためのiPhoneアプリ「Companion」が登場するそうです。

アプリのインストール/アンインストール、各設定や音楽の管理やホーム画面の並べ替えなどを行うことができるそうです。

Force Touch、デジタルクラウン、ボイスコントロール

Apple Watchに新しく搭載されたForce Touchというタッチの圧力を感知してくれる技術のおかげで、Apple Watchの画面をボタンのように操作することが可能だそうです。

またズームなどの機能はデジタルクラウンから操作し、音声コントロール(Siriではない)も可能になっています。

Apple Watchの電源を切る方法

Apple Watchはバッテリーが心配だから、マメに電源をオフにしないといけないかもしれません。電源をオフにする方法はデジタルクラウンの下に配置されているコミュニケーションボタンの長押し。

するとiOSで見慣れたスライダーが表示される、電源をオフにすることができるそうです。

source:9to5Mac

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング