「Safariが強制終了」という不具合が発生、対処方法は「Safariの検索候補」をオフ

シェア数 アイコン 105

「Safariが強制終了」という不具合が発生、対処方法は「Safariの検索候補」をオフ

@JUNP_Nです。1月27日、iPhoneのSafariが強制終了してしまうという不具合が発生し話題になっていました。どうやらApple側の不具合のようですが、原因は不明。この不具合に対して暫定的な対象方法が確認されています。

iOSのSafariで「アドレスバー」をタップすると強制終了する不具合

Safari clash

1月27日に「iPhoneのSafariでアドレスバーをタップすると強制終了する」という不具合が広範囲で発生し話題になっていました。

僕のiPhoneはブルーライト軽減機能を使いたいために「iOS 9.3 Public Beta」をインストールしているためか、この不具合には気が付きませんでした。

現在、最新のiOSであるiOS 9.2.1では「Safariの強制終了」が報告されています。またMacのSafariでも同様の不具合が報告されています。

この不具合の原因はAppleのサーバー側に問題が発生したとみられていますが、現在のところ公式な発表はされていません。とりあえずの暫定的な対処方法が9to5Macで紹介されています。

設定アプリから「検索エンジンの候補」をオフに

対処方法は設定アプリから「Safari」を選択し、「検索エンジンの候補」という項目をオフにすればよいそうです。MacのSafariも同様の設定をすれば強制終了を回避できるようです。

Safari clash 1

不具合が起こったという人は、対処方法として覚えておくとよいかもしれません。