いまさら聞けない!「WWDC 2016」で発表された「iOS 10」「macOS Sierra」のポイント

シェア数 アイコン 105

いまさら聞けない!「WWDC 2016」で発表された「iOS 10」「macOS Sierra」のポイント

@JUNP_Nです。昨日に開催された「WWDC 2016」での基調講演、「iOS 10」「macOS 10.12 Sierra」などが発表されました。4つのOSについての発表でしたが、抑えておきたいところだけを簡単にまとめておきます。

盛りだくさんだった「WWDC 2016」を超簡潔に振り返ってみる

Wwdc2016

Appleの開発者向けカンファレンス「WWDC 2016」が開幕し、昨日には基調講演が行われ多くの発表がありました。

大きく「iOS 10」「macOS Sierra」「watchOS」「tvOS」「Swift Playgrounds」の5つが発表されましたが、ユーザーとしておさえておきたいのは「iOS 10」と「macOS Sierra」です。

開発者でない人は「とりあえず、これくらいの感じで内容がわかってればOK」というイメージでざっくりとまとめてみました。

「WWDC 2016」の基調講演を全部理解したいという人はAppleが公開している動画をどうぞ ▶ Apple Events – WWDC Keynote June 2016 – Apple

「macOS 10.12 Sierra」の発表内容まとめ

Macos Sierra

  • 名称が「OS X」から「macOS」に変更
  • Macで「Siri」が使えるようになった
  • Apple Watchをしてれば、Macのロックを自動解除するようになった
  • iPhoneでコピーしたモノがMacで貼り付けられるようになった
  • iCloudでデスクトップなどのファイルも同期できるようになった
  • Safariだけでなく、色々なアプリのウィンドウをタブでまとめられるようになった
  • 動画を見ながら作業ができる「Picture in Picture」という機能がMacでも使えるようになった
  • Mac内の古いファイルやキャッシュファイルを最適化してストレージ容量を確保する機能ができた
  • MacでApple Payを使った買物ができるようになった(日本は使えない)
  • プレビュー版は14日から、パブリックベータ版は7月、正式リリースは今秋を予定

「iOS 10」の発表内容まとめ

Ios 10

  • iPhoneを持ち上げれば勝手にディスプレイの電源が入るようになった
  • ロック画面で色々できるようになった
  • 「Siri」がUberを呼んだりできるようになった
  • 「Siri」のAPIを開放
  • キーボードの入力予測がもっと賢くなった
  • 「写真」アプリで自動アルバム作成とか、色々できるようになった
  • 「マップ」アプリがサードパーティーのアプリと連携するようになった
  • 「ミュージック」アプリでApple Musicが使いやすくなった
  • 「ミュージックアプリ」で歌詞が表示されるようになった
  • 「ニュース」アプリのデザインが変わって使いやすくなった
  • 「HomeKit」を管理するアプリ「Home」が追加された
  • 「電話」アプリで留守電をテキストに変換する機能が追加された
  • 「電話」アプリで怪しい電話は「怪しいよ」って教えてくれるようになった
  • 「メッセージ」アプリがLINEとFacebookのいいとこどりみたいに進化した
  • プレビュー版は14日から、パブリックベータ版は7月、正式リリースは今秋を予定