【レビュー】iPhoneの防水ケースに悩んだら「Catalyst」を選べば間違いない

シェア数 アイコン 166

【レビュー】iPhoneの防水ケースに悩んだら「Catalyst」を選べば間違いない

@JUNP_Nです。アウトドアでiPhoneを使う時に心配なのが「防水」「落下」「防塵」などによる故障。色々なケースが登場していますが、迷ったら「Catalyst」を選んでおけば間違いないです。

iPhoneの防水ケースの代名詞、Catalystならアウトドアでも安心

DSC01749

iPhoneの防水ケースは色々なメーカーから発売されています。どこの商品が良いのか全くわからなく、いくつも使ってきました。

その中で、迷ったらコレ!とおすすめできるのが「Catalyst」です。iPhoneの防水ケースを調べると真っ先に出てくるこのケース、真っ先に出てくるだけの性能を秘めています。

DSC01714

「防水」「防塵」については国際規格「IP68」準拠、水深5メートルまでに耐えられます。落下の衝撃も2メートルの高さに耐えるそう。

「Catalyst」の本体の特徴

マナーボタンの切り替えスイッチの部分がダイアル式になっているのは、使いやすいポイント。

DSC01726

難点は、スリープボタンが少し押しにくいという点。

DSC01725

Lightningケーブルは、サードパーティー製の太いタイプでも装着できるように穴が広くなっています。

DSC01724

カメラの部分も、ケースを装着した状態で問題なく撮影することができます。

DSC01722

実際に水の中で操作してみましたが、全く問題なし(さすがに水の中での指紋認証はうまく読み取ってもらえませんでしたが)

DSC01745

iPhoneの防水ケースで悩んでいるという人は是非どうぞ。

超薄型が欲しいという人は、こちらもオススメです!