在宅勤務が始まって、一番最初に揃えたのは「ワイヤレス充電」ができる環境でした

在宅勤務が始まって、一番最初に揃えたのは「ワイヤレス充電」ができる環境でした

デスク周りで邪魔になりがちな充電機器。在宅勤務が始まって一番最初に用意したのが「ワイヤレス充電器」でした。iPhone + Apple Watch + AirPodsという使い方をしている人は多いと思いますが、複数を同時充電できるワイヤレス充電器があると、デスクの上もスッキリ。

iPhoneやAirPodsはワイヤレス充電にしたほうがスッキリ

anker-power-wave-1
ワイヤレス充電器使ってます?

iPhone」「AirPods」「Apple Watch」という組み合わせで使っている人も多いと思いますが、それぞれに有線充電機を使っているとゴチャゴチャしません?

せっかく「ワイヤレス充電」に対応しているのだから使わない手はない。と思いたち、在宅勤務が始まった2月末、一番最初に購入したのが「ワイヤレス充電器」でした。

ワイヤレス充電器を購入するにあたって、僕の要望は3つ。

  • iPhone、AirPods、Apple Watchの3台を充電したい
  • iPhoneは立てて使いたい(通知が見えなくなる)
  • できるだけスッキリ

複数のデバイスに対応した、信頼・安心できるメーカーのワイヤレス充電器ってかなり高価。例えば、Apple Storeで販売されているBelkinのワイヤレス充電器は15,800円(税別)、mophieのワイヤレス充電器は12,800円(税別)です。

悩んだ結果、安心して利用できる「Anker」のワイヤレス充電器を購入

Amazonで販売されている怪しい中華メーカーの製品であれば安価に購入できますが、いろいろな意味で心配ですし、そもそも買いたくない。

2日くらい悩んだ結果、良心的な価格で信頼・安心できる「Anker」のワイヤレス充電器を2つ使う、という方法でした。

僕が購入したのは「Anker PowerWave+ Pad with Watch Holder」と「Anker PowerWave 10 Stand」です。両方あわせて6,500円ほど。

anker-power-wave-2
Ankerの充電器を2つ使うことにした

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holder」は見た目はスッキリしていて、Apple Watchをナイトスタンドモードでも置けるという点がいい感じ。

ただし、Apple Watchの充電部分はApple純正の「Apple Watch磁気充電 - USBケーブル」をケース内に取り回しているだけなので若干チープ。外見からはわからないので問題ないですが。

anker-power-wave-3
純正のApple Watch磁気充電 - USBケーブルが必要

Appleがワイヤレス充電器の開発を再開しているなんて噂も飛び出しているので、すぐに買い換えることも考えられますが、Apple信者としては嬉しい誤算。

まだワイヤレス充電器を使ってないって人はこの機会に試してみては?