LINE、年末年始の「あけおめ」はWi-Fi接続でと協力を呼びかけ ―― 通信キャリアの負担軽減のため

シェア数 アイコン 53

LINE、年末年始の「あけおめ」はWi-Fi接続でと協力を呼びかけ ―― 通信キャリアの負担軽減のため

@JUNP_Nです。LINEが迎えた瞬間に「あけましておめでとう」の挨拶を行う人に、年末恒例の案内を行っています。LINEで「あけおめ」を送る場合は、可能な限りWi-Fi接続で!

新年を迎えた瞬間の「あけおめLINE」はWi-Fi接続で!

Line

新年を迎えた瞬間、Twitterなどで「あけましておめでとう」と投稿する人は多いかと思いますが、LINEでメッセージを送るユーザーも多数。

LINEは、通信キャリアの回線が混み合う原因となるためWi-Fi接続でLINEを送るように「ご協力のお願い」を案内をしています。

大みそかから元日の午前0時前後から約30分間(最大数時間)は、電話やメール・SNSで「あけましておめでとう」の送受信が集中するため、通信キャリアの回線が混み合ってつながりづらくなる場合があります。

そこで、通信キャリア側の負担を軽減するために、スマートフォンの通信回線(4G/3G/LTE回線)の利用はなるべく控えて、無線LAN(Wi-Fi)をご利用ください。

LINEとしてもサービスが問題なく利用できるように「サーバー増強」などを行っているそうです。

外出先で公共のWi-Fiサービス等への接続を支援するアプリも

自宅や公共で提供されているWi-Fiなどに接続できる場合は、Wi-Fi接続を!出先にいるのであれば、タウンWiFiのようなアプリを利用するのも1つの手段です。

同アプリは各サービスの利用規約の同意を飛ばしてしまうというような問題がありましたが、現在は修正&問題改善につとめているようです。