「iPhone 8 Edition」の出荷は10月以降になる可能性、情報相次ぐ

シェア数 アイコン 45

「iPhone 8 Edition」の出荷は10月以降になる可能性、情報相次ぐ

9月11日(日本時間9月12日)に開催されるAppleのスペシャルイベントで発表することが確実視されている「iPhone 8」ですが、上位モデルの「iPhone 8 Edition」は出荷が10月以降になるとWSJなどが伝えています。

「iPhone 8 Edition」は生産で不具合発生?出荷は10月になると各社報道

iPhone-8-rumour-2
IMAGE:Quinton Theron / iPhone 8 on Behance

Appleが来週開催するスペシャルイベントで発表する新型iPhoneについて、上位モデルとなる「iPhone 8 Edition」は生産の段階で不具合が発生し、出荷が遅れるとWSJなどが報じています。

Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)によると、台湾サプライヤーからの情報として、「iPhone 8 Edition」は生産が9月からで、出荷が10月になる可能性があるとのこと。

WSJによると、ディスプレイに「Touch ID」を搭載することを計画していたがうまく行かず、生産が1ヶ月遅れているそう。また、TechCrunchも同様に信頼できる情報源からの話として、iPhoneの上位モデル(iPhone 8 Edition)の出荷が遅れると伝えています。

「iPhone 8 Edition」の出荷が10月になる可能性は非常に高そう

各社が独自のソースからの情報として”出荷が遅れる”と伝えていることから、「iPhone 8 Edition」を手に入れることができるのは時間がかかる可能性は非常に高そう。

Appleのスペシャルイベントで発表されると見られている3つのiPhoneのうち「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」は予定どおり9月22日に発売開始になる可能性が高いとみられています。