LINEのトーク画面背景に今年も「雪」、振らない時の対処法は?

シェア数 アイコン 34

LINEのトーク画面背景に今年も「雪」、振らない時の対処法は?

LINEアプリのトーク画面に「雪」が振る特別な演出がされています。毎年クリスマスイブ、クリスマスの2日間に実施されているもので、今年も24日0時からトーク画面に雪が振り始めました。

LINEのトーク画面に雪がふるのは、例年24日と25日の2日間限定

line-2015-snow-1

LINEアプリのトーク画面背景に「雪が降る」特別な演出がスタートしています。例年、24日のクリスマスイブ・25日のクリスマスの2日間のみ行われているもので、今年も24日0時よりスタートしました。

line-snow-2018-1

以前はiOSアプリのみの対応でしたが、現在はAndroidアプリでも同様の演出が見れるようになっています。これまで、iPhoneを傾けると雪の降る向きが変わるという機能がありましたが、今年は傾けても向きは変わらないようです。

トーク画面に「雪がふらない」時の対処法は?

LINEアプリでトーク画面の背景に雪が降る演出が発生しないという人は、LINEアプリが最新版になっていないことが予想されるためアップデート可能か確認してみましょう。

最新版のLINEアプリでも振らないという人は、LINEアプリを再起動、iPhoneアプリを再起動すると、降り始める可能性があります。

デスクトップ版のLINEアプリでも雪、デスクトップは「雪を止める」機能も

デスクトップ版LINEでも雪が降る演出がスタートしていますが、デスクトップ版に限り「雪が降るのを止める」設定があります。

line-snow-2018-2

デスクトップ版で雪がうっとうしい……という人は、設定から「トーク用エフェクト スノー効果オン」のチェックボックスを外すだけで、エフェクトを表示しないようにできます。

line-snow-2018-3

またLINEアプリでは「クリスマス」「サンタ」とメッセージを送ると、特別な演出が表示される隠し機能もスタートしています。