LINEモバイルとソフトバンク、戦略的提携に向け基本合意

2018年1月31日 シェア数 アイコン 41

LINEモバイルとソフトバンク、戦略的提携に向け基本合意

LINE株式会社の100%子会社である「LINEモバイル株式会社」は1月31日、ソフトバンク株式会社とMVON事業「LINEモバイル」において、戦略低提携を進めることについて基本合意したと発表されました。

LINEモバイルは、LINEとソフトバンクの下で事業を行うことに

line-mobile
画像はLINEモバイル公式サイトよりキャプチャ

LINE株式会社の100%子会社であるLINEモバイル株式会社が、ソフトバンクと戦略的提携を行うと発表しました。今後はLINEとソフトバンクの下で事業を展開することとなります。

本取引完了時の出資比率はLINE49%、ソフトバンク51%となる予定で、同社の代表取締役社長は今後も嘉戸彩乃氏が務めるとのことです。

現在「LINEモバイル」を契約中のユーザーは、これまで通りサービスを利用することができるとのことです。

ユーザーから「ドコモ回線じゃなくなるの?」など回線についての疑問の声も

現在、LINEモバイルはdocomoのネットワークを利用したMVNOサービスを展開しており、公式サイトには「LINEモバイルはdocomoのネットワークを利用しているため、docomoと同じエリアをカバー」と説明がなされています。

line-mobile-1
画像はLINEモバイル公式サイトよりキャプチャ

今回のソフトバンクとの戦略的提携をうけ、Twitterでは「ドコモ回線じゃなくなるの?」など、今後のサービスについて危惧する声もあがっています。

なお、ソフトバンクとの提携後、回線がどうなるのかについては、発表では言及されていません。

(追記)今後もdocomo回線で利用できると発表されています