新型「iPad Pro」11インチ & 12.9インチ、WWDC2018で発表か

シェア数 アイコン 48

新型「iPad Pro」11インチ & 12.9インチ、WWDC2018で発表か

Appleが6月に開催するとみられている開発者向けカンファレンス「WWDC2018」で、新型「iPad Pro」の11インチモデル、12.9インチモデルを発表する可能性があると、経済日報が伝えています。

Face ID搭載の新型「iPad Pro」が6月に登場する可能性

ipad-pro

Appleが「WWDC2018」で、新型の「iPad Pro」を2モデル発表する可能性があると経済日報が伝えています。

発表される可能性があるのは「iPad Pro 11インチ」と「iPad Pro 12.9インチ」。Face ID(顔認証)が搭載され、A11Xチップを採用すると予測されています。

「iPad Pro」の現行ラインナップは10.5インチと12.9インチの2モデル。10.5インチがラインナップから消え、11インチになるのか。Face ID搭載で不要になるホームボタン部分までディスプレイが広がり11インチに生まれ変わるのか。

憶測は広がりますが、WWDC2018で新型「iPad Pro」登場の可能性が高まってきました。

「WWDC2018」は6月4日、BloombergのiPad Pro登場の予測はハズレ?

WWDC2018は6月4日(日本時間6月5日)から開催されます。WWDCでは次期OS(iOSやmacOS)に加え、新型iPadやMacBookなども発表されると予測されています。

新型「iPad Pro」については先日、ローゼンブラット証券のアナリスト・Jun Zhang、が6月までに出荷すると予測。Bloombergは2018年末に発売されると予測していました。