Chrome「保護された通信」ラベル、9月より削除 最終的には鍵アイコンもなしに

シェア数 アイコン 47

Chrome「保護された通信」ラベル、9月より削除 最終的には鍵アイコンもなしに

Googleは17日、2018年9月にリリースされる「Google Chrome 69」よりHTTPSサイトに表示される「保護された通信」ラベルを削除すると案内しています。また最終的には鍵アイコンも削除するとのこと。

Chrome 68、HTTPSページの「保護された通信」ラベルを削除

chrome-69
Chrome 69から「保護された通信」ラベルを削除

Googleは17日、全てのHTTPSページに表示される「保護された通信」ラベルを削除すると案内しています。

ラベルの削除は2018年9月にリリースされる「Chrome 69」から行われ、最終的には「鍵アイコン」も削除するとのこと。

Googleはこれまで、セキュリティの向上に働きかけてきており、ウェブサイトのHTTPS対応が進んでいて「ウェブサイトのHTTPS対応はやっていて当たり前」と考えているようです。

2018年10月、HTTPページでのデータ入力時「保護されていない通信」ラベルが赤く反転

2018年7月にリリースされる「Chrome 68」では、全てのHTTPページに「保護されていない通信」ラベルが表示されるようになります。

さらに、2018年10月にリリースされる「Chrome 70」では、HTTPページの入力フォームなどにデータを入力すると「保護されていない通信」ラベルが赤色に反転するようになるとのこと。

chrome-69-1
HTTPページでのデータ入力時に赤いラベルに反転

Googleは、HTTPSは以前よりも安価で簡単に対応できるようになったため、HTTPSに対応するように推奨しています。