次期「iPhone」のダミーモデルの写真が登場、6.1インチモデルの発売は12月になる可能性も

シェア数 アイコン 33

次期「iPhone」のダミーモデルの写真が登場、6.1インチモデルの発売は12月になる可能性も

9月に発表されると見られている次期iPhoneですが、液晶ディスプレイ搭載の6.1インチモデルと、有機ELディスプレイ搭載の6.5インチモデルのダミーとみられる写真が投稿されています。

iPhone X Plus、iPhone 8後継モデルのダミー写真が登場

iphone-rumour-1
画像はBen Geskin氏のTwitterより

2018年9月に発表されるとみられている次期「iPhone」。今年は登場すると予想されているのは、液晶ディスプレイを採用した6.1インチモデル、有機ELディスプレイを採用した5.8インチモデルと6.5インチモデルの3つ。

6.1インチはiPhone 8の後継モデル、5.8インチはiPhone Xの後継モデル、6.5インチはiPhone X Plusと仮称されているモデルです。リーク情報で知られるBen Geskin氏が6.5インチ、6.1インチの次期iPhoneのダミーモデル写真を投稿しています。

投稿された「iPhone X Plus」のダミーモデルは背面はホワイトのカラーになったシルバー。背面カメラのレンズはiPhone Xと同じように縦に2つ並んでいます。

iphone-rumour-2
iphone-rumour-3
画像はBen Geskin氏のTwitterより

6.1インチモデルは背面カメラのレンズは1つ。これまでLEDフラッシュはレンズの横に位置していましたが、ダミーモデルではレンズの下に位置が変わっています。

iphone-rumour-4
画像はBen Geskin氏のTwitterより

またリーク情報投稿サイト「/LEAKS」にも6.5インチ、6.1インチのダミーモデルが投稿されています。

iphone-rumour-5
iphone-rumour-6
画像は/LEAKSより

リークされた写真はあくまでダミーモデル。このまま登場するかどうかは不明です。

6.1インチモデルは発売が12月になる可能性も

液晶ディスプレイの6.1インチモデルはディスプレイの生産に課題があり、早くて2018年11月末出荷になるのではないかと関係者が話しているとMacお宝鑑定団 blog(羅針盤)が伝えています。

6.1インチのディスプレイにはXiaomiの「Mi MIX2」などで採用された、ジャパンディスプレイのFull Activeディスプレイが採用されるとのことです。