「一生パリピ」「チル友」2018年インスタ流行語大賞を発表、TikTok由来の流行もインスタに

シェア数 アイコン 50

「一生パリピ」「チル友」2018年インスタ流行語大賞を発表、TikTok由来の流行もインスタに

流行先取りメディア「Petrel」は11月12日、2018年にInstagramで話題になったハッシュタグを中心とした流行語を発表しました。

「なんちゃってダンス」「いいアゴ乗ってんね」「広告で有名になりたい」など、TikTokからの流行がインスタにも

instagram-2018

流行発見メディア「Petrel」が11月12日、20187年「インスタ流行語大賞」を発表しました。2018年インスタグラムで話題になったハッシュタグを中心とした流行語を調査したもの。

特に若者を中心に使用されたワードの内、Petrelに登録されている約40万ワードの検索流入を分析。2018年に流行して、検索した言葉を「インスタ流行語大賞」として発表しています。

特徴として動画SNS「TikTok」をきっかけに流行しているワードが多く、「なんちゃってダンス」「いいアゴ乗ってんね」「広告で有名になりたい」などはTikTok由来。

また引退した安室奈美恵さんを応援するファンから産まれた「アム活」、いわゆる花金を表す「金晩」、今日のコーデを略した「きょコ」などが選ばれています。

2018年「インスタ流行語大賞」30ワード一覧

「なんちゃってダンス」

TikTokで流行した「なんちゃってダンス」から。

「いいアゴ乗ってんね」

TikTokで流行した手の平にアゴを乗せる仕草をする動画から。

「広告で有名になりたい」

TikTokなど、SNSアプリの広告でユーザーの投稿が利用され注目を集めていたことから。

「アム活」

2018年9月に引退した安室奈美恵さんの活動を応援するファンの活動から。

「3150」

「最高」を数字で表したもの。亀田史郎さんがブログやYoutubeで発言したことが元ネタ。

「カントゥーヤ」

関西発の乾杯の合図。YouTuberの東海オンエアが使い、若者の間で「飲料をかかげよ!カントゥーヤ!」と乾杯することが流行。

「フッカル」

「フットワークが軽い」の略。

「テッテレー」

テレビの効果音。SNS発のクリエイター・パントビスコの「パントビスコの本当にくだらない個展」で「テッテレー」と書かれたブースが人気の理由?

「一生パリピ」

TikTokで流行した楽曲のタイトル「一生パリピ」から。

「金晩」

花金は若者には死語だといい、「金晩」というワードがブームに。

「きょコ」

「今日のコーデ」の略。オシャレ女子達などの間で、コーディネートを載せる際に付けることが当たり前に。

「オベンタグラム」

お弁当の写真をインスタに投稿するとき、「#お弁当」だけではなく、「#オベンタグラム」というハッシュタグを付ける人が急増。

「けしからん風景」

「けしからんほど素敵な風景」という意味。

「どんつき同盟」

「けしからん風景」と同じような意味で使われている。「”どん!”と突き当たったような綺麗な風景」という意味。思いがけない出会いで見つけた素敵な風景に、使用する人が急増。

「水鉄砲メガホン」

女子高生たちが体育祭などで、可愛くアレンジしたメガホンを持つのがブームに。そんなメガホンを水鉄砲を使って作る「水鉄砲メガホン」が話題位なりました。

「ネタプリ」

今どきの女子高生の間ではプリクラを更にアプリで加工して「ネタプリ」にするのが流行中とのこと。

「チル友」

ヒップホップ用語の「チルアウト」から派生した、「チル」と「友達」をくっつけた言葉。一緒にまったり過ごしたり、くつろいだりする友達のこと。

「フリクロ」

「フリピエクロージング」の略。古着を使ったコーディネートのこと。古着コーデには「#フルジョ」も使われる。

「モニグラ・ヨルグラ」

モニグラとはモーニンググラムの略、ヨルグラとはヨルグラムの略。朝活や、夜活したことを投稿するときに使用されている。勉強垢の学生が使うことが多い。