PayPay、クレカ不正利用対策「クレカでの決済上限は月5万円」 個人間送金機能への指摘も検証結果を報告

2018年12月21日 シェア数 アイコン 40

PayPay、クレカ不正利用対策「クレカでの決済上限は月5万円」 個人間送金機能への指摘も検証結果を報告

QRコード決済サービス「PayPay」は12月21日、クレジットカードでの決済金額の上限とYahoo! JPAPANカードからのチャージ金額の上限を、5万円(過去30日間)に設定したと案内しています。この変更は相次いだPayPay経由のクレカ不正利用への対策。

PayPay、クレカ決済上限は月5万円までに変更

paypay-credit-card
画像はPayPay公式サイト

QRコード決済サービス「PayPay」は12月21日、相次いだPayPay経由でのクレジットカード不正利用への対策として、クレジットカードでの決済金額に上限を設定したことを案内しています。

設定された上限は5万円(過去30日間)で、Yahoo! JAPANカードからのチャージ金額上限も同じく5万円(過去30日間)に設定されています。

なお、複数のクレジットカードを登録している場合であっても、全てのクレジットカードの合計で5万円までが上限となります。

paypay-credit-card-1
クレジットカードご利用時の上限金額の設定について – PayPayからのお知らせ

5万円までの制限が適用になるのは12月21日からの決済。PayPay残高やYahoo!マネー、銀行口座からのチャージについては、制限は適用されません。

利用状況によっては、さらに制限を実施する可能性もあるとのこと。制限を設ける期間については未定。「新たなクレジットカード不正利用の対策を講じるまでの間」と案内されています。

SNSで指摘されていた「QRコードでの送金機能での第三者の改ざん」、検証の結果不可能と判明

また一部SNSで指摘されていたという「個人間送金(譲渡)機能で表示するQRコードにおいて、金額を指定する使い方の場合、指定した金額を第三者が改ざんできる仕様ではないか」という点について検証したところ、第三者の略取は不可能だったと判明。

なお万全を期すため、機能の修正も行ったとのこと。個人間送金機能での被害報告はされていないといいます。