Apple「WWDC 2019」の開催を発表 機械学習やARなど、デベロッパの画期的な作品を紹介

Apple「WWDC 2019」の開催を発表 機械学習やARなど、デベロッパの画期的な作品を紹介

Appleは3月14日、Apple最大の年次イベントである世界開発者会議「WWDC 2019」の開催を発表しました。期間は6月3日〜7日で、米カリフォルニア州サンノゼのマッケナリー·コンベンションセンターで開催されます。

Apple最大の年次イベント「WWDC 2019」は6月3日から開催

Apple-WWDC-2019-03142019
WWDC 2019は6月3日から開催

Appleは3月14日、Appleが開催する最大の年次イベントである世界開発者会議「WWDC 2019」を、6月3日〜6月7日に開催すると発表しました。

開催場所は今年も米カリフォルニア州サンノゼのマッケナリー·コンベンションセンター。WWDCは今年で30周年を迎え、iOS、macOS、watchOS、tvOSの各プラットフォームの将来について発表されます。

WWDC 2019は例年通り基調講演から始まり、Appleに関する最新ニュースを紹介。その後、機械学習、拡張現実(AR)、健康およびフィットネスの分野で開発に取り組むデベロッパ各社の画期的な作品が紹介されます。

例年通りであれば次期iOSやmacOSを発表、新型「Mac Pro」お披露目の噂も

WWDC 2019のカンファレンスは、WWDCのアプリおよびApple Developerのウェブサイからライブ配信を実施。参加の申込みは3月21日午前9時からWWDCのウェブサイトで行われます。

例年通りであればiOSやmacOSの次期バージョンが発表されますが、今年はモジュール方式を採用した新型「Mac Pro」がWWDCで発表されるという噂も。Mac Proがお披露目となるのであれば、Apple純正の新型ディスプレイのお披露目も期待しちゃいますね。