「WWDC 2019」ライブ中継、日本語同時通訳、リアルタイム更新サイト

「WWDC 2019」ライブ中継、日本語同時通訳、リアルタイム更新サイト

Appleは日本時間6月4日午前2時より、開発者向けカンファレンス「WWDC 2019」の基調講演を行います。次期iOSやmacOSなどが発表されるほか、今年は新型「Mac Pro」などが発表されると予想されています。ライブ中継やリアルタイム更新を行うサイトは以下。

間もなく開催!「WWC 2019」は何が発表される?

ダークモードや新しいアプリ「Find Me」などを搭載すると見られる「iOS 13」。iTunesが終了し、新しい「Music」「TV」「Podcast」のアプリに分割されるという情報の「macOS 10.15」。

【関連記事】約20年の歴史に幕「iTunes」廃止へ、WWDCで発表される今後のAppleの方向性は?

他にもiPadの機能強化やApple Watchからアクセスえきる専用App Storeなどが発表されるという情報も。WWDC 2019では次期OSのみの発表で、ハードウェアに関する発表はありませんでした。

ですが今年はモジュール型を採用し、ユーザーが自分でカスタマイズすることができるという新型「Mac Pro」が遂にお披露目されるという情報も出ています。期待薄ですが、新型ディスプレイも発表されたら最高ですね。

「WWDC 2019」ライブ配信、リアルタイム更新、日本語同時通訳を行うサイト

Appleは公式サイトで「WWDC 2019」の基調講演をライブストリーミングすると発表しています。ライブ配信を視聴できる環境は以下の通り。

  • iOS 10以上のSafariを使用するiOSデバイス
  • macOS 10.12以上のSafariを使用するMac
  • Windows 10とMicrosoft Edgeを使用しているPC
  • 最新のApple TVソフトウェアまたはtvOSを搭載したApple TV(第2世代以降)
  • ChromeまたはFirefox(MSE、H.264、AACが必要)
【ライブ配信】Apple Events - Livestream - Apple

また、今年はApple公式Twitterアカウントからもライブ配信が行われます。

基調講演は当然ながら英語で行われますが、macwebcaster.comでは今回も日本語同時通訳で生放送を配信します。

WWDC2019基調講演日本語同時通訳

同時通訳ではありませんが、札幌のiOSアプリ開発者コミュニティ「iPhone Dev Sapporo」が配信する、開発者目線のWWDC 2019実況も行われます。

テキスト更新では、ギズモード・ジャパンがリアルタイム更新を行う予定。既に現地の様子などを伝える情報などが更新されています。

iTunesが消えるってホントかよ…。【今日26時】から、みんなでWWDC 2019を見よう! | ギズモード・ジャパン

繰り返しになりますが、WWDC 2019の基調講演は日本時間6月4日午前2時から開始となります。