新型「iPhone」のデザイン予測が不評?「タピオカ」「蓮コラ」「ボトムズ」などの声

新型「iPhone」のデザイン予測が不評?「タピオカ」「蓮コラ」「ボトムズ」などの声

Appleは8月30日、新型「iPhone」発表イベントを日本時間9月11日午前2時から開催すると発表。これまでのリーク情報から新型「iPhone」はトリプルレンズカメラを搭載すると見られていますが、リーク情報をもとに作られたコンセプト画像に「タピオカ」「こだま」(もののけ姫に登場するキャラクター)などの声があがっています。

新型iPhoneのデザイン「タピオカ」「ボトムズ」などの声があがる

iphone-11-rumour
画像はEverythingAppleProによるコンセプト画像

Appleは8月30日、新型「iPhone」の発表イベントを日本時間9月11日午前2時から「By Innovation Only」を開催すると発表しました。

これまでのリーク情報から、新型iPhoneにはトリプルレンズカメラが採用されることはほぼ間違いないと見られています。デザインとしては本体背面に四角いカメラユニットが設置され、3つのカメラレンズが埋め込まれたものになると予測されています。

リーク情報をもとにしたコンセプト画像は複数公開されてきましたが、Appleの発表を受けて多くのユーザーが注目することになり、デザイン予測に対して「タピオカ」「こだま」「ボトムズ」など様々な声があがっています。

新型「iPhone」について現在の情報まとめ

新型「iPhone」の名称は、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Max Pro」になると報じられており、デザイン変更は背面のトリプルレンズカメラのみになると報じられています。

また機能面では3D Touchが廃止され、iPhone XRで採用されたHaptic Touchに置き換え。Face IDの改良や双方向ワイヤレス充電機能などが追加されると予測されています。

  • 3つの新型iPhoneが登場
  • iPhone XS後継モデルは「Pro」に
  • トリプルレンズカメラを搭載
  • 超広角な撮影が可能に
  • 撮影時に見切れてしまった人物を自動で合成する機能
  • 上記機能で暗所での撮影が改善
  • 「Pro」は動画撮影機能が向上
  • 動画のレタッチやエフェクト追加、トリミングなどの機能を追加
  • 双方向ワイヤレス充電を追加
  • 「Pro」の背面の一部がマット仕上げに
  • 落下時の衝撃に強くなる
  • 広い視野で捉えるマルチアングルのFace IDセンサーを搭載
  • 耐水性能を大幅に強化
  • 3D Touch非搭載で、Haptic Touchに置き換え
  • iPhone XR後継モデルはデュアルレンズカメラに
  • 画質を落とさずズームインが可能に
  • ポートレートモードも機能強化
  • 本体カラーに「グリーン」を追加
  • 新型iPhoneはすべて「A13」プロセッサ搭載
  • 5G通信対応は2020年に
  • AR機能強化の3Dカメラは2020年に