iOSのSafariが中国テンセントにデータ送信疑惑、Apple「送信しているのは中国のデバイスのみ」

iOSのSafariが中国テンセントにデータ送信疑惑、Apple「送信しているのは中国のデバイスのみ」

iOSに標準で採用されているブラウザ「Safari」が、中国のIT大手・テンセントにユーザーのブラウズ情報の一部を送信している可能性があると報じられていた問題で、Appleは米Bloombergに声明を出しています。

Safariが中国テンセントへ情報を送信している?Appleが声明で説明

iphone-11-pro

iOSのブラウザアプリ「Safari」が、ユーザーのブラウズ情報のいち部を中国のIT大手・テンセントに送信している可能性があると報じられていた問題で、Appleは米Bloombergに声明を出しています。

声明によると、Appleはユーザーの情報を容易に識別できる情報は他社に送信していないと説明しています。

iOS 13の設定アプリから確認できる「Safari」のプライバシーポリシーを確認すると、「Webサイトを閲覧する前に、SafariはWebサイトのアドレスから算出された情報をGoogle Safa BrowsingおよびTencent Safe Browsingに送信し、そのWebサイトが不正かどうかを確かめます。これらの閲覧を安全にするサービスのプロバイダははあなたのIPアドレスも記録する場合があります」と説明されています。

ios-safari-tencent-2

この機能は、ユーザーがフィッシングサイトなどの悪意のあるサイトを表示した際に警告するためのもの。テンセントが提供する、Googleの「セーフ ブラウジング」と同様のサービスを利用しているようです。

しかし、実際にはAppleがGoogleとテンセントへ情報を送信することはなく、Googleとテンセントから受け取ったリストを基に、ユーザーのデバイス上でチェックされているいるとしています。ただし、Webサイトが疑わしいと判断された場合、ユーザーへの警告を表示するとIPアドレスを送信する可能性もあるそうです。

また、テンセントへ送信されるのは中国のユーザー(デバイス)のみで、それ以外の国のユーザーはGoogleに送信されると説明しています。

Googleへの情報送信はデフォルトではオン、オフにすることも可能

問題になっている機能はユーザーの安全を確保するための機能であるため、初期設定ではオンになっています。設定アプリでSafariを選択肢、「詐欺Webサイトの警告」をオフにすることで停止することもできます。

ios-safari-tencent-1

なお「Safari」のこの機能は、iOSだけではなく、iPadやMacでも同様。Macの場合はSafariアプリの環境設定からオフにすることができます。