2010年代、世界で最もダウンロードされたアプリ、最も稼いだアプリを発表ーーApp Annie

2010年代、世界で最もダウンロードされたアプリ、最も稼いだアプリを発表ーーApp Annie

米調査会社App Annieは12月16日、2010年代に世界で最もダウンロードされたアプリ、最も収益をあげたアプリなどを発表しました。最もダウンロードされたアプリはFacebook、最も稼いだアプリはNetflixとなっています。

2010年代に「最もダウンロードされたアプリ」はFacebook

iphone-home

アプリに関する市場データや分析ツールを提供している米調査会社App Annieは12月16日、2010年代に「世界で最もダウンロードされたアプリ」「世界で最も収益をあげたアプリ」を発表しました。

ダウンロード数では「Facebook」がトップで、2位「Facebook Messenger」、3位「WhatsApp」、4位「Instagram」とFacebook社のアプリが上位を独占。

「Snapchat」「Skype」「YouTube」「Twitter」など、アメリカに本社を置くアプリがトップ10のうち8つを占め、ByteDanceの「TikTok」、Alibabaの「UC Browser」も食い込んでいます。

Decade_Top_Apps_DL-1024×805

ダウンロード数ではSNSのアプリが多くランクインしていますが、収益では1位が「Netflix」、3位「Pandora Music」、4位「Tencent Video」、7位「Spotify」など動画&音楽ストリーミングサービスが上位占めています。また日本の「LINE」も5位にランクインしています。

Decade_Top_Apps_Rev-1024×805

2010年代「世界で最もダウンロードされたゲーム」「最も稼いだゲーム」

ゲームカテゴリでは「Subway Surfers」がダウンロード数1位。2位は「キャンディクラッシュサーガ」、3位「テンプルラン2」、4位「マイ・トーキング・トム」がランクイン。日本のゲームアプリは1つもランクインしていません。

Decade_Top_Games_DL-1024×805

一方でゲームカテゴリの収益ランキングでは、1位は「クラッシュ・オブ・クラン」ですが、2位にmixiの「モンスターストライク」、4位にガンホーの「パズル&ドラゴンズ」、5位にSonyの「Fate/Grand Order」と日本アプリが3つランクイン。

Decade_Top_Games_Rev-1024×805

App Annieは「この10年はモバイル市場において目覚ましい成長の時代だった」「2019年はダウンロード数が5%増加、ユーザー課金も前年比で15%増加した」と説明。2020年もこの傾向は続くとしています。