これは期待。iPhoneのデフォルトブラウザやメールアプリを、変更できるようになるかも

これは期待。iPhoneのデフォルトブラウザやメールアプリを、変更できるようになるかも

iPhoneのデフォルトブラウザは「Safari」となっていますが、「Chrome」や「Firefox」「Smooz」といったサードパーティ製アプリに変更できるようになる可能性があるようです。米Bloombergが報じています。

Apple、iPhoneのデフォルトアプリを変更できるように検討中か

iPhone

AppleがiPhoneやiPadにデフォルトとして設定されているウェブブラウザやメールアプリを、サードパーティ製アプリに変更できるよう検討していると報じられています。

iPhoneの場合、通常はURLのリンクをタップすると「Safari」が、メールリンク(メールアドレスなど)をタップすれば「メール」アプリが立ち上がります。

ブラウザでは「Chrome」や「Smooz」などサードパーティ製アプリも多数リリースされていますし、メールアプリでは「Spark」や「Airmail」など優秀なアプリが多数存在します。

Appleはこれまで、デフォルト設定をサードパーティ製アプリに置き換えることを許容していません。Bloombergによると、テクノロジー業界で独占禁止法違反の可能性を調査する議員から、デフォルト設定が変更できないことが「一部の開発者にとって競争が難しくなっている」と懸念する声があがっているとしています。

まだ議論中か初期開発段階、早ければ「iOS 14」で対応か

AppleがiOSデバイスで、デフォルトアプリをサードパーティ製に変更できるようにする可能性については、まだ議論中か初期開発段階で最終決定は下されていないとのこと。

仮にAppleがサードパーティ製アプリへの変更を進めた場合、早ければ今秋リリース予定の「iOS 14」で対応する可能性があるとのこと。Appleは現行バージョンの「iOS 13」ではバグ修正に注力しているとも伝えています。