「iPhone 12」のデザインはこうなりそう。新型「iPad Pro」登場を受けカメラユニットに変化

「iPhone 12」のデザインはこうなりそう。新型「iPad Pro」登場を受けカメラユニットに変化

2020年3月20日

Appleのリーク情報に定評のあるBen Geskin氏が、「iPhone 12」のデザイン予測を更新。新型iPad Proの発表を受け、LiDARスキャナを採用したデザインとなっています。

「iPhone 12」のデザイン、現在の情報をまとめるとこうなる

iPhone-12-Concept
Ben Geskin氏による最新予測コンセプト

Apple製品のリーク情報に定評のあるBen Geskin氏が、2020年に登場が予測されている「iPhone 12」のデザイン予測を更新しました。

Appleが発表したばかりの新型「iPad Pro」に搭載された、LiDARスキャナと同じものが「iPhone 12」にも採用された場合、背面デザインはこうなる可能性があります。

iphone-12-Concept
Ben Geskin氏による最新予測コンセプト

新型「iPad Pro」に搭載されたLiDARスキャナは、以前から「iPhone 12」にも搭載されると予測されていたため、カメラユニット内に追加される可能性は濃厚。LEDフラッシュの位置がレンズとセンサーに囲まれていることが気になります。

iphone-12-Concept-2
Ben Geskin氏による最新予測コンセプト

「iPhone 12」では、「iPhone 4」のような金属製のフレーム構造が採用されるとの情報。有機ELディスプレイを搭載し、TrueDrpthカメラ(FaceID)は引続き採用されるとされています。

新型「iPad Pro」のカメラユニットと比較しても、現実的な印象

新型「iPad Pro」のカメラユニットには、10MPの超広角カメラ、12MPの広角カメラ、LiDARスキャナ、LEDフラッシュ、マイクが埋め込まれています。

Apple_new-ipad-pro-ultra-wide-camera_03182020
2カメラ + 1センサー仕様

「iPhone 12」が「iPhone 11 Pro」と同様に、超広角カメラ、広角カメラ、望遠カメラのトリプルレンズ仕様となる場合、Ben Geskin氏の予測デザインはかなり現実的と思えます。

LiDARは「Light Detection and Ranging(光検出と距離)」という意味で、光が対象物に到達してから反射して戻るまでの時間を測定して距離を算出するという技術。LiDARスキャナは、最大5メートル先の周辺の対象物までの距離を計測可能とされています。