Apple、「iPhone 12」の発売延期を検討か――日経報道

Apple、「iPhone 12」の発売延期を検討か――日経報道

Appleが今秋発売を検討していると予測されている次期iPhone(iPhone 12)について、発売スケジュールの延期を検討しているとNikkei Asian Reviewが報じています。最終的な判断は5月に行われる予定で、最悪の場合、iPhone 12の発売は2021年にずれ込む可能性があるということです。

「iPhone 12」発売スケジュールの延期を検討か

iPhone-12-Concept
Ben Geskin氏による最新予測コンセプト

Appleが次期iPhone(iPhone 12)の発売スケジュールの延期を検討しているようです。Nikkei Asian Reviewが伝えています。

新型コロナウイルスによる影響で、Appleの製品開発スケジュールが混乱し、Appleは最初の5G対応iPhoneの発売を延期する可能性があるとのこと。情報に詳しい3人の関係者によると、Appleは発売延期を社内で協議しているようです。サプライチェーン関係者は、当初9月に発売を予定していたが、現実的なハードルがあるため、延期される可能性があるとしています。

Appleは、現在の世界情勢では明らかな供給不足に加え、新型コロナウイルスがユーザーの消費に影響を与えているため、新しい主力スマートフォンに対する需要が低下することを懸念しているようです。

「最悪の場合、2021年に延期される可能性」

関係者は、「Appleは、世界情勢を考慮して、遅くとも5月頃に最終決定を下すだろう」「議論はまだ初期段階で、秋のリリースも完全には検討されていない」「しかし、最悪の場合、5G対応iPhoneは2021年に延期される可能性がある」と語っているようです。

「iPhone 12」は、5.4インチが1機種、6.1インチが2機種、6.7インチが1機種と4モデルがラインナップされる予測。全モデルが有機ELDisplayを搭載し、5Gをサポート。2つのハイエンドモデルは、トリプルカメラにiPad Pro(2020)で搭載されたLiDARスキャナが搭載される見込み。