「iPhone 12 Pro」4眼カメラユニットのデザイン判明か、iOS 14内部から発見

「iPhone 12 Pro」4眼カメラユニットのデザイン判明か、iOS 14内部から発見

2020年4月6日

Appleが今年発表すると予測されている「iPhone 12 Pro」には、既存モデルのトリプルレンズカメラに加えLiDARスキャナが搭載され、4眼カメラユニットになる可能性があります。ConceptsiPhoneがiOS 14内部から入手したという画像を公開。iOS 14内部から入手したということです。

「iPhone 12 Pro」のカメラユニットはこうなりそう

iPhone-12-Concept
Ben Geskin氏による最新予測コンセプト

Appleが今年発表すると予測されている「iPhone 12 Pro」のカメラユニットについて、ConceptsiPhoneがiOS 14内部から入手したという画像が公開されています。

「iPhone 12 Pro」はトリプルレンズカメラに加え、iPad Pro(2020)と同様、LiDARスキャナを搭載する見通し。Ben Geskin氏が公開しているコンセプト画像と同様、4つのカメラ中央にLEDフラッシュが、中央下部にはマイクが配置されています。

LiDAR(Light Detection and Ranging:光検出と測距)は、光が対象物に到達してから反射して戻るまでの時間を測定して距離を割り出すというセンサー。具体的にはARで活用されるといい、Apple公式サイトでは「NASAが次の火星着陸ミッションで使用する先進的な技術」と紹介しています。

「iPhone 12 Pro」は今秋に発売されるのか?

Appleは例年9月に新型iPhoneを発表していますが、新型コロナウイルスの影響で先行きが不透明であるため、一部報道では発表が遅れる可能性も伝えられれています。

これまでの情報では、「iPhone 12」シリーズは4モデル登場する見通し。最新の予測では、5.4インチ、6.1インチを2機種、6.7インチのラインナップで、全モデルが有機ELディスプレイを搭載、5Gをサポートします。

LiDARスキャナが搭載される4眼カメラユニットは、ハイエンドモデル(iPhone 12 Pro)の2機種に搭載すると予測されています。なお本体は「iPhone 4」のような角張ったデザインになると予想されています。