「iOS 13.5.1」「iPadOS 13.5.1」リリース、重要なセキュリティアップデート 脱獄の脆弱性を修正

「iOS 13.5.1」「iPadOS 13.5.1」リリース、重要なセキュリティアップデート 脱獄の脆弱性を修正

Appleは6月2日、「iOS 13.5.1」「iPadOS 13.5.1」をリリースしました。アップデートの内容は「重要なセキュリティアップデート」とし、脱獄ツール(unc0ver)で利用されていた脆弱性が修正されています。

「iOS 13.5.1」「iPadOS 13.5.1」リリース

ios-13-tips

Appleは6月2日、「iOS 13.5.1」「iPadOS 13.5.1」をリリースしました。

リリースノートでは「重要なセキュリティアップデート」が含まれているとし、すべてのユーザーに推奨と案内しています。


iOS 13.5.1

iOS 13.5.1には重要なセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

iPadOS 13.5.1

iPadOS 13.5.1には重要なセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

脱獄ツールで利用されていた脆弱性を修正

セキュリティコンテンツの説明によると、対象となるデバイスは、iPhone 6s以降、iPad Air 2以降、iPad mini 4以降、iPod touch第7世代。

アプリケーションがカーネルの特権レベルで、任意のコードを実行できる可能性がある脆弱性(CVE-2020-9859)が修正されています。脱獄ツール「unc0ver」で利用されていた脆弱性で、最新のiOS 13.5でも脱獄が可能となっていました。