iOS 13.5、iPadOS 13.5 正式リリース、マスク着用時のFace ID認証をスキップ

iOS 13.5、iPadOS 13.5 正式リリース、マスク着用時のFace ID認証をスキップ

Appleが「iOS 13.5」「iPadOS 13.5」を正式リリースしています。アップデートでは、マスク着用時にFace ID認証をスキップし、素早くパスコード認証に切り替える仕様へ変更。公的機関から提供される新型コロナウイルス接触確認アプリに対応する接触通知APIが導入されています。

「iOS 13.5」「iPadOS 13.5」新型コロナウイルス関連の対策が追加

ios-13-5-Faceid

Appleは5月21日、「iOS 13.5」および「iPadOS 13.5」の提供を開始しました。

今回のアップデートでは、Appleによる新型コロナウイルス対策がメイン。マスク着用時のFace ID認証の改善、新型コロナウイルス接触確認アプリの接触確認APIの追加などが行われています。

Face IDの改善では、ユーザーがマスクを着用していることを検知すると、素早くパスコード認証に切り替える仕様に変更されています。ただし、サードパーティ製アプリ内でのFace ID認証では適用されません。

apple-covid-19
「iOS 13.5」で追加された新型コロナ感染症接触確認APIの設定画面

また公的機関(日本では厚生労働省)が提供予定の、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触確認アプリに対応する接触確認APIが導入されています。厚生労働省の提供する接触確認アプリは、6月に正式リリースが予定されています。記事公開時点では、当該機能は無効となっています。

「iOS 13.5」リリースノート

iOS 13.5では、マスク着用時にFace ID搭載デバイスのパスコードフィールドに素早くアクセスできるようになります。また、公的保健機関から提供される新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触追跡Appに対応する接触通知APIが導入されます。このアップデートにはさらに、グループFaceTime通話のビデオタイルを自動的に目立たせる機能を制御できるオプションが追加され、バグ修正およびその他の改善も含まれています。

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

「iPadOS 13.5」リリースノート

iPadOS 13.5では、マスク着用時にFace ID搭載デバイスのパスコードフィールドに素早くアクセスできるようになります。また、グループFaceTime通話のビデオタイルを自動的に目立たせる機能を制御できるオプションが導入されます。このアップデートにはバグ修正およびその他の改善も含まれています。

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222