「WWDC 2020」は事前収録をストリーミング配信?招待状に「LIVE」の記載なしと指摘

「WWDC 2020」は事前収録をストリーミング配信?招待状に「LIVE」の記載なしと指摘

Appleは6月15日、メディア関係者に世界開発者会議「WWDC 2020」の招待状を送付しました。配布された招待状には「LIVE(ライブ)」の記載がないとする指摘もあり、事前に収録した動画をストリーミング配信する可能性もあります。

「WWDC 2020」ストリーミング配信は事前収録?

wwdc-2020
WWDC 2020

Appleが、世界開発者会議「WWDC 2020」の招待状をメディア関係者に送付しました。

次期iOSやmacOSなどの最新技術を発表する開発者向けのイベントですが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、試乗初めてのオンライン開催となります。

「WWDC 2020」の基調講演は日本時間6月23日午前2時からストリーミング配信が予告されていますが、招待状には「LIVE(ライブ)」の表記がないため、一部では事前に収録した動画をストリーミング配信する可能性を示唆する声があがっています。

Appleの基調講演は、Apple TV、YouTube、Apple Developerアプリおよびウェブサイトで配信。仮に事前収録のストリーミング配信であった場合、もしかしてもしかすると、公式の翻訳字幕を表示できる可能性もあるかもしれません。

オンライン開催にあわせてか、これまで存在していなかったApple DeveloperアプリのMac版もしれっとリリースされています。

Apple Developer
Apple Developer
カテゴリ
辞書/辞典/その他
販売元
Apple

「WWDC 2020」では新型ハードウェアも登場する噂

「WWDC」は開発者向けのイベントであるため、発表はiOSやmacOSなどソフトウェアが中心。しかし、昨年は新型「Mac Pro」が発表されるなど、ハードウェアが発表される可能性もあります。

今年のWWDCで発表が噂されているハードウェアは、忘れ物防止タグ「AirTag」や、Appleブランドのヘッドホン、新型iMacなど。噂されているすべてのハードウェアが発表されるとは考えにくいですが、いくつかが発表される可能性は十分に考えられます。