次期Safariはパスワード入力不要、「Face ID」「Touch ID」でログイン可能に

次期Safariはパスワード入力不要、「Face ID」「Touch ID」でログイン可能に

Appleは、ウェブサイトでのログイン時にパスワードの代わりにFace IDやTouch IDを使用して、ログインできる認証システムを発表しました。iOS14およびmacOS 11(Big Sur)に同梱されるSafari 14の新機能として追加されます。

次期Safariでパスワード入力が不要になる、認証APIを公開

safari-wwdc2020
Meet Face ID and Touch ID for the web - WWDC 2020 - Videos - Apple Developer

iOS 14およびmacOS 11(macOS Big Sure)に搭載されるSafari 14では、ウェブサイトへのログイン時、ユーザー名やパスワードの代わりに、Face IDやTouch IDが利用できるようになる機能が追加されます。

ウェブサイト側での対応が必要ですが、対応したサイトであればパスワード入力をする必要がなくなり、スムーズなログインが可能となります。

当然ですが、初回ログイン時にはパスワード入力や2段階認証が必要になりますが、2回目のログインからは利用できます。

iCloudキーチェーンに保存されたパスワードに侵害が見つかった場合は通知

Safari 14ではiCloudキーチェーンに保存されているパスワードが侵害された場合、ユーザーに通知する機能が追加されています。Googleはすでに、似た機能を持つ「Password Checkup」をChrome拡張機能として提供しています。

またサードパーティのCookieブロック、アクセスしているトラッカーを示す機能など安全面やプライバシーに配慮したアップデートを実施。ウェブページの翻訳機能(英語、スペイン語、中国語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、ポルトガル語)を追加されています。