フォートナイト、AppleとGoogleがストアから削除。30%の手数料を巡る対立が激化

フォートナイト、AppleとGoogleがストアから削除。30%の手数料を巡る対立が激化

人気ゲーム「フォートナイト」が、AppleとGoogleのアプリストアから、ガイドライン違反を理由に削除されました。これは、フォートナイトがプラットフォームを介さない独自の課金システムを実装したことによるもの。今後の動向が、世界中から注目されます。

フォートナイト、ガイドライン違反でAppleとGoogleのストアから削除

fortnite-ban.jpg
フォートナイト メガプライスダウン – 最大20%の永久割引より

AppleとGoogleが、Epic Gamesの提供する人気ゲーム「フォートナイト」をストアから削除しました。Appleへ支払う、アプリ内課金の手数料を回避するため、独自の決済方法を導入し、ガイドライン違反と判断された。

アプリ内課金の収益最大30%をAppleに収めるという、いわゆる「Apple税」を巡る対立が激化したかたちだ。

Epic Gamesは、Appleの市場を支配する力が強くなっていると批判し法的措置も講じました。また、かつてPC市場で支配的な力があったIBMに対し、Appleが立ち向かっていく姿勢を描いたCM「1984年」をパロディーした動画も公開しています。

同時に公開されたニュースリリースでは、Apple税を支払う必要がなければ、ユーザーの課金は最大20%減額させることができるとし、「#FreeFortnite」のハッシュタグで「戦いに参戦してください」と呼びかけています。

アプリ内課金の決済方法「選択の自由があるべき」など主張

Epic Gamesの主張を、主要な部分だけを簡単に説明すると以下の通り。

  • 30%の手数料は妥当性があるのか
  • Apple税で競争力を阻害していないか
  • ユーザーが決済手段を選択できるようにするべきだ

Apple税そのものは、すべてのデベロッパーが一律のルール内ではあります。動画が用意されていたことからも、独自の決済方法を導入することでAppleから削除されることは想定の範囲内だったはず。

今後の動向が、世界中から注目されます。