「iPhone 12」量産開始は9月中旬から、「AirTag」はすでに量産開始ー日経報道

「iPhone 12」量産開始は9月中旬から、「AirTag」はすでに量産開始ー日経報道

Appleが10月に発表予定の「iPhone 12」シリーズは、9月中旬から開始されるようだと、Nikkei Asian Reviewが最新レポートで伝えています。また忘れ物防止タグ「AirTags」の量産はすでに開始されているということです。

「iPhone 12」シリーズ、まだ量産開始されてなかった

iphone-11

Nikkei Asian Reviewの最新レポートによると、Appleが10月に発表する「iPhone 12」シリーズの量産は、9月中旬から限定的な規模で開始され、9月末から10月上旬にかけて本格的に開始されるとしています。

iPhone 12シリーズの量産は、6.1インチのベーシックモデルから開始されるといい、DigiTimesが報じた「6.1インチの2機種を先行して発売する」という情報にも部分的に一致しています。

発売に向け量産開始されたとして、iPhone 12シリーズの発売時期はモデルによってバラつきが発生する可能性が高く、仮にすべてのモデルが同時に発売されても、初期出荷分の在庫では差が出る可能性があります。

iPhone 12シリーズは、ベーシックモデルとして5.4インチ/6.1インチ、ハイエンドモデル(Pro)として6.1インチ/6.7インチが発売される見通し。

忘れ物防止タグ「AirTag」は量産開始

またNikkei Asian Reviewは、忘れ物防止タグ「AirTag」はすでに量産を開始していると報告。AirTagは、鍵や財布など紛失しては困るアイテムに取り付け、iPhoneなどのiOSデバイスで場所を示すことができる新製品。

Macお宝鑑定団Blogによると、10月後半に開催される「iPhone 12」発表イベントで同時に発表されると伝えています。