「Apple Music」加入者は自動で「Apple One」にアップグレードか

「Apple Music」加入者は自動で「Apple One」にアップグレードか

2020年9月11日

Appleは「Apple Music」や「Apple TV+」といったデジタルサービスをパッケージ化した、新たなサブスクリプションサービス「Apple One」を準備中と報じられていますが、既存のApple Music加入者は、自動的に「Apple One」へとアップグレードされる可能性が伝えられえています。

「Apple One」に関する記述が、Android版Apple Musicの最新アップデート内部から見つかる

apple-store

9to5Googleが、Android向けApple Musicアプリの最新アップデート内部から、Appleが計画中とされる「Apple One」に関する記述が見つかったと伝えています。

「Apple One」(開発コード「Aristotle」)は、「Apple Music」や「Apple TV+」といったデジタルサービスをパッケージ化した、新たなサブスクリプションサービス。

「Apple Music」と「Apple One」の二重支払いが発生しないとするメッセージ、ある期日からApple Musicがapple Oneに含まれることを案内するメッセージが確認されています。

Included in Apple One %s

Subscription Bundle %s

Your Apple Music subscription will be included in Apple One starting %s. You will not be charged for both subscriptions.

You can manage your Apple One subscription using your iPhone, iPad, Apple TV or Mac.

仮に「Apple Music」と「Apple One」の料金が同一である場合、学生は月額480円、個人は月額980円、ファミリープランは月額1,480円となります。

Appleが「Apple One」を9月15日のイベントで発表するかは不明ですが、近日中に発表される可能性があります。

「Apple One」は各サービスに個別に加入するより安価に

Bloombergによると、「Apple One」に含まれる各サービスは、個別に加入するよりも安価となり、パッケージに応じて月額2ドル〜5ドル以上の節約が可能になるとしています。

基本パッケージは、「Apple Music」と「Apple TV+」のセットで、「Apple Arcade」や「iCloudのストレージ容量追加」などを含むセットも用意される見通し。