「AirPods」シリーズは来年刷新、AirPods Proはデザインも変更

「AirPods」シリーズは来年刷新、AirPods Proはデザインも変更

Appleは2021年に「AirPods」シリーズを刷新する計画で、第3世代「AirPods」、第2世代「AirPods Pro」の開発が進められているようです。Bloombergが伝えています。AirPods Proはデザインも刷新され、イヤホン下部の突き出ているステムがなくなり、丸みを帯びたデザインになるようです。

第3世代「AirPods」、第2世代「AirPods Pro」が2021年に登場か

AirPods
「AirPods」

米Bloombergによると、Appleは2021年に「AirPods」シリーズを刷新する計画があるようです。

第3世代「AirPods」は、既存のデザインを踏襲し、イヤホン下部に突き出ているステムが短くなり、イヤーチップの交換が可能になるとのこと。ノイズキャンセリングは搭載されない見通し。

AirPods Pro_Pixel buds
「Pixel Buds」と「AirPods Pro」

第2世代「AirPods Pro」は、ステムを排除したデザインを開発中で、Googleの「Pixel Buds」のようにより丸みを帯びたデザインになるとのこと。しかし、ノイズキャンセリングやマイクなどを、より小さくなるAirPods Proに組み込むことは難しいことが、開発段階で明らかになっているとしています。

「HomePod」のミドルモデルや、オーバーイヤーヘッドホンも

またAppleは「HomePod」と「HomePod mini」の間に位置する新型のスマートスピーカーの発売も検討しているとのこと。

数年前からたびたび話題にあがる、Apple史上初めてとなるオーバーイヤーヘッドホン(AirPods Studio:仮)については、数週間前に生産が開始される予定だったが、問題が発見され発売を延期。当初の予定していたコンセプトから一部機能を除いたとしています。

AirPods Studioの発売延期については、Appleのリーク情報で定評のあるJon Prosser氏も、生産に大きな問題が発生したと伝えていました。