「iPhone 12 mini」ロック画面で反応が悪くなる不具合、ケース装着などに起因か

「iPhone 12 mini」ロック画面で反応が悪くなる不具合、ケース装着などに起因か

2020年11月15日

Appleから11月13日に発売された「iPhone 12 mini」で、ロック中の画面でタッチ操作の反応が悪くなるという不具合が確認されています。日本国内だけでなく、海外でも複数報告されていることから、iPhone 12 mini固有の問題のようですが、原因と解決策もさまざまな検証が行われています。

「iPhone 12 mini」に不具合、ロック中の画面でタッチ操作の反応が悪い

apple_iphone12mini-iphone12max-homepodmini-availability_iphone12mini-geo_110520.jpg

iPhone 12 mini」のロック画面で、タッチ操作の感度が悪くなるという不具合が確認されています。

(追記)「iOS 14.2.1」が公開され修正されたようです。

ロック画面でパスコードを入力しようと画面をタップしても反応が悪いため、ロック解除に時間がかかったり、ロック画面からのカメラ起動に時間がかかったり、多くのユーザーから不具合を訴える声があがっています。

iPhone 12 miniにケースやガラスフィルムを装着している場合に不具合が確認されているようです。MacRumorsフォーラムRedditApple Community、Twitterなど、多くのユーザーから不具合を訴える声があがっています。

問題の解決方法は?ケースやフィルムなしなら正常に動作

問題が発生したユーザーがさまざまな方法で不具合の解消方法を検証しています。ケースやガラスフィルムを外したり、充電器に接続したりすると不具合は発生しないようです。

現時点ではハードウェアの問題か、ソフトウェアの問題かは明らかになっていません。Appleから何らかの解消方法やアップデートが提供されることを待つしかない状態です。

Twitterでは工夫をしてなんとか回避する方法を見出すユーザーも。