iPhone 11、画面がタッチに反応しなくなる不具合。無償修理プログラムがスタート

iPhone 11、画面がタッチに反応しなくなる不具合。無償修理プログラムがスタート

2020年12月5日

Appleは12月4日、一部のiPhone 11の画面がタッチに反応しなくなる可能性があるとし、対象となるデバイスを無償修理するプログラムの提供を開始しました。

iPhone 11、画面タッチに反応しなくなる不具合が判明

Apple_iphone_11-family-lineup-091019.jpg

発売されて約1年が経つiPhone 11で、画面がタッチに反応しなくなる可能性があると判明したとAppleが明らかにしました。問題が確認されているのは、2019年11月〜2020年5月までに製造されたiPhone 11。

Appleはこの不具合が発生しているiPhone 11を対象に、無償修理サービスを提供。Apple正規サービスプロバイダ、Apple Store直営店で実施します。

修理プログラムを利用するにはApple公式サポートページから、デバイスのシリアル番号を入力、Apple 正規サービスプロバイダApple Store 直営店で実機検査を行い、プログラム適用対象であればディスプレイモジュールの交換を受けることができます。

iPhone 11のシリアル番号は、設定アプリから「一般 > 情報」をタップすることで確認できます。

すでに有償で修理している場合は、返金対象になります

この不具合について、すでに有償修理を受けている場合、返金の対象となります。返金については、「Apple - サポート」から問い合わせが必要です。

修理に出す際、画面のひび割れなど、修理に支障をきたす損傷があると、先にそちらを修理する必要があるため、別途修理費用がかかる場合もあります。修理に出す前には、バックアップを忘れずに。

タッチの問題に対する iPhone 11 ディスプレイモジュール交換プログラム - Apple サポート