「iPhone 13」は例年通り9月発売か、コロナの影響で送れる可能性も

「iPhone 13」は例年通り9月発売か、コロナの影響で送れる可能性も

Appleが2021年に発売予定の「iPhone 13(仮)」の発売スケジュールは、例年通り9月発売に戻るとAppleの情報に定評のあるアナリストMing-Chi Kuo氏が予測しています。

「iPhone 13」は9月発売のスケジュールに戻る

iPhone-12

新型コロナウイルスの影響で、「iPhone 12」の発売スケジュールは例年と異なり、「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」は10月、「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」は11月に発売されました。

Appleの情報に定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏の最新レポートによると、2021年の「iPhone 13(仮)」の生産スケジュールは通常に戻ると予測され、例年通りの9月発売になる可能性が伝えられています。

ただし新型コロナウイルスの影響次第で変更もあるかも

依然として世界中で新型コロナウイルスによる影響が残っている状況で、2021年についてもどうなるか不透明ではあります。

現時点では9月発売となる可能性が高いですが、仮に2020年のような影響が発生した場合、「iPhone 12」シリーズ同様にスケジュールに遅延が発生する可能性は考えられます。

とはいえユーザー目線では発売スケジュールの遅れは、それほど気にならなかったんですけどね。毎年買い替えているコアなAppleファンは別かもしれないですが。