Intel、AppleのCMでお馴染み「Macくん」を起用しMacを盛大にディスる

Intel、AppleのCMでお馴染み「Macくん」を起用しMacを盛大にディスる

2021年3月19日

Intelが公式YouTubeで、Appleの「Mac」を盛大にディスるCMを展開しています。これだけなら海外の企業ではよく見る演出ですが、かつてAppleがCMに起用していた俳優で、AppleのCMをオマージュした内容になっています。

Intel、2006年にAppleが展開していたCMで「Macくん」を演じた俳優を起用

intel-cm.jpg
Intelの公開したCMより

Intelが公式YouTubeに、Appleを盛大にディスるCMを公開しています。海外の企業ではよく見られる演出ではありますが、2006年からAppleが展開していた「Get a Mac」というCMシリーズのオマージュとなっています。

AppleのCM「Get a Mac」では、「PCくん(日本ではパソコン)」と「Macくん」が登場し、PCよりMacのほうが優れていることを示すというものでした。日本でも展開され、ラーメンズの小林賢太郎がMacくん、片桐仁がパソコンくんを演じていました。

アメリカで包装されていたCM
日本で放送されていたCM

Intelが新たに公開したCMは、Appleがアメリカで展開していたCMに登場する「Macくん」の俳優を起用。今度はPCくんなどではなく、「本当の人として、リアルにMacとPCを比較する」として登場しています。

IntelのCMは全5本。CMではそれぞれ、PCと比較してカラーバリエーションがないこと、ラップトップがタブレットにならないこと、遊べるゲームが少ないこと、ディスプレイがタッチスクリーンではないこと、M1チップ搭載のMacでは外部ディスプレイへの出力が1枚しかできないことを批判しています。

Intelが公開したCM

Apple信者の僕としては「Intelさん必死だな」という感想ですが、まさかの元「Macくん」を採用するとは……。

昨年11月のAppleイベントでは「元パソコンくん」が登場

Appleが2020年11月11日に開催した、Appleシリコン「M1」チップを搭載したMacシリーズを発表したスペシャルイベントでは、イベントのラストに「One more thing」として元パソコンくんが登場し、Appleファンの間で話題に。

イベントに登場した元パソコンくんは、「質問いい?」「そんなに進化しちゃってどうするの?」「より長いバッテリー駆動時間だって?電源に挿せば?」などとPC目線でMacに嫉妬しつつ、Macの進化をアピールするといったものでした。

イベントのラストで元「パソコンくん」が登場

なおAppleのスペシャルイベントに元Macくんは登場しませんでした。