Facebook、スマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表――約3.3万円から

Facebook、スマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表――約3.3万円から

Facebookは9月10日、「Ray-Ban(レイバン)」ブランドのスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発売しました。アメリカ、オーストラリア、カナダなどで購入でき、価格は299ドルから。

「Ray-Ban Stories」発売、ただし日本は対象外

Ray-Ban-Stories-Lifestyle1.jpg
「Ray-Ban Stories」

Facebookが同社初のスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表しました。写真や動画を撮影したり、音楽を聴いたり、電話をかけたりすることができます。

20のバリエーションから選択でき、価格は299ドル(約3.3万円)アメリカ、オーストラリア、カナダ、アイルランド、イタリア、イギリスで購入できます。

RAY-BAN-STORIES-WAYFARER-SHINY-BLUE-POLARIZED-DARK-BLUE-LENSES2.jpgRAY-BAN-STORIES-WAYFARER-MATTE-BLACK-DARK-GREY-LENSES2.jpg

「Ray-Ban Stories」は5MPのカメラが内蔵され、最大30秒のビデオ撮影、Facebookの音声アシスタントを使えばハンズフリーで撮影も可能。写真撮影時は周囲から撮影中とわかるよう、白いLEDランプが点灯します。

RAY-BAN-STORIES-ROUND-SHINY-BLACK-CLEAR-WITH-BLUE-LIGHT-FILTER-LENSES2.jpgRAY-BAN-STORIES-METEOR-SHINY-BROWN-BROWN-GRADIENT-LENSES2.jpg

Facebook Viewアプリと連携することで、「Ray-Ban Stories」で撮影したコンテンツをFacebook、Instagram、WhatsApp、Messenger、Twitter、TikTok、Snapchat、標準のカメラロールなどにインポート、編集・共有ができます。

NRP_Ray-Ban-Stories_Product_Captures.jpg

重量としては普通のレイバンの代表的なサングラスWayfarer(ウェイファーラー)より約5g重く重くる程度。残念なのは防水・防滴機能はありません。

バッテリー駆動時間は1日とされていますが、オーディオ視聴だと連続6時間可能。充電は専用ケースに収納するだけでケーブルに接続する必要はなし。

ARグラスではないので、あくまでイヤホン・マイク・カメラを内蔵したメガネという製品。日本での発売は未定ですが、度付きレンズにも対応しているようです。

drip公認バリスタ