Apple、自分でデバイスを修理できるプログラムを発表

Apple、自分でデバイスを修理できるプログラムを発表

Appleがユーザーが自分のデバイスを修理できるようにするプログラム「Self Service Repair」を発表しています。まずは「iPhone 12」と「iPhone 13」のラインナップが対象。2022年初めに米国から展開し、順次他の国へも展開予定。

Appleデバイスを自分で修理できるようになります

Apple_Self-Service-Repair_hero_11172021.jpg

Appleは11月17日、ユーザーが自分でApple製デバイスを修理できるようにするプログラム「Self Service Repair」を発表しました。

まずは「iPhone 12」と「iPhone 13」のラインナップで利用できるようになり、続いてM1チップを搭載したMacが対象となります。

ユーザーにパーツやツール、マニュアルを提供するプログラムですが、誰でもが利用可能というわけではありません。Appleは「電子機器を修理する知識と経験を持つ個々の技術者を対象」としています。そのためAppleは、多くのユーザーにとっては専門の修理業者に持ち込むことが最も安全で信頼できる方法だと案内しています。

プログラムは2022年初めに米国から利用可能になり、順次他の国に拡大されます。

Appleの最高執行責任者(COO)であるジェフ・ウィリアムズ氏は「Appleは過去3年間で、Apple純正部品、ツール、トレーニングを利用できるサービス拠点の数を約2倍に増やしてきましたが、今回は自分で修理をしたい方にも選択肢を提供します」とコメントを発表しています。

drip公認バリスタ