MacProやiMac Proが6月までに登場。2022年前半は新型Macが盛り沢山の予測

MacProやiMac Proが6月までに登場。2022年前半は新型Macが盛り沢山の予測

2022年1月4日

Appleの情報に定評のあるBloomberg記者・Mark Gurman氏にようると、Appleは6月のWWDCまでにAppleシリコンへの移行を完了すると伝えています。そのため2022年前半にはMac ProやiMac Proなど新型Macが複数登場する計画だそうです。

Appleシリコンへの移行はWWDCまでに完了する予測

apple-event-2020-11-timcook

Bloombergの記者であるMark Gurman氏の最新のニュースレターによると、Appleは6月に開催されるWWDCまでにAppleシリコンへの移行を完了する可能性があるようです。

Mark Gurman氏によると、最大40個のCPUコアと128個のGPUコアを備えた小型のMac Pro、新しいMac mini、iMac Proなどが準備されているとのこと。これらの製品が発表されることでAppleシリコンへの移行は完了します。

またエントリーモデルとして用意されているMacBook AirMacBook Pro(現行の13インチ)の後継モデルも準備中とのこと。

2022年後半にはM2チップを搭載した新型Macが登場する予測ですが、M1から劇的なパフォーマンスの改善というよりは、iPhoneの毎年のアップグレードと同程度と考えたほうが良いと指摘しています。

drip公認バリスタ