Apple 銀座、9月に銀座7丁目に移転。入居ビルの建て替えで

Apple 銀座、9月に銀座7丁目に移転。入居ビルの建て替えで

2022年3月7日

銀座3丁目にある「Apple 銀座」が、2022年9月に銀座7丁目に移転します。Apple 銀座が入居するサヱグサビル本館の建て替え工事による影響で、新築ビルの完成後は再び銀座3丁目に戻ってくるようです。

「Apple 銀座」の入居ビルが建て替え、ストアは銀座7丁目に移転します

apple-ginza.jpeg

銀座3丁目にある「Apple 銀座」が入居するサヱグサビル本館が、2022年9月より老朽化の影響による建て替え工事「GSプロジェクト新築工事(仮称)」が開始します。

工事に伴って「Apple 銀座」は銀座中央通りの7丁目に移転するようです。SEVENTIE TWOが伝えています。

またサヱグサビル本館の建て替え工事完了後には、再び入居が決まっているとのこと。工事は2024年12月27日に完了予定。新築ビルは地下2階地上10階建てで、「Apple 銀座」は地下1〜2階、地上1階になると予想されているということです。

「Apple 銀座」は、Appleがアメリカ国外で初めて出店した直営店。もちろん日本国内でも初めてのApple直営店で、2003年11月30日に開店しています。

サヱグサビル本館は1967年竣工。「Apple 銀座」のオープンにあわせ改修が行われていますが、すでに完成から55年が経過しています。

drip公認バリスタ