「WWDC22」今週中にも日程発表か、次期OSやMac Proなどに期待

「WWDC22」今週中にも日程発表か、次期OSやMac Proなどに期待

2022年3月28日

Appleの世界開発者会議「WWDC 22」は、例年通りであれば6月に開催すると予想されていますが、昨年と同じスケジュールであれば今週中にも正式な日程が発表される可能性があります。

「WWDC 22」の正式日程、まもなく発表される可能性

Apple_WWDC21-details-announcement_052421.jpg

Appleは例年6月、開発者向けのイベントとして世界開発者会議「WWDC(Worldwide Developers Conference)」を開催していますが、まもなく正式な日程が発表される可能性があります。

2021年は3月30日に日程を発表。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、WWDCは2年連続でオンラインで開催されています。

近年は感染予防の観点から、大規模イベントはオンライン開催になることが多いですが、先日はSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)が2年ぶりにオフラインで開催されています。Appleのイベントが、オフライン開催になる時期は未定です。

WWDCでは次期OSについてが主な発表。2021年は各OSの発表のみでしたが、2020年にはAppleシリコンへの移行を発表。2019年には「Mac Pro」と「Pro Display XDR」が発表されています。

2022年のWWDCでも例年同様、次期iOS、iPadOS、watchOS、macOSなどが発表される見通し。またAppleシリコンへの移行が完了していない「Mac Pro」など、いくつかの新しいハードウェアの発表が期待されています。

drip公認バリスタ