【要約】WWDC 2020で重要なポイントをおさらい、「iOS 14」「iPadOS 14」「macOS Big Sur」「watchOS 7」

【要約】WWDC 2020で重要なポイントをおさらい、「iOS 14」「iPadOS 14」「macOS Big Sur」「watchOS 7」

Appleは6月24日、世界開発者会議「WWDC 2020」を開催。iOS 14、iPadOS 14、macOS Big Sir、watchOS 7、Macの自社開発チップへの移行を発表しました。事前に情報のあったとおり、新製品の発表はありませんでした。

「WWDC 2020」で発表されたモノは大きく5つ

Wwdc 2020 summary 1
WWDC 2020、開催

Appleは6月23日、世界開発者会議「WWDC 2020」を開催。新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、史上初のオンライン開催となり、Apple Developer公式サイトや、YouTubeなどを通じてストリーミング配信されました。

スペシャルイベント基調講演は作り込まれたビデオで、配信と同時に日本語を含む字幕も提供されています。

WWDC Special Event Keynote — June 22, 2020 – Apple

WWDC 2020で発表されたものは大きく5つ。

  1. iOS 14
  2. iPadOS 14
  3. watchOS 7
  4. macOS Big Sur
  5. Macの自社開発チップへの移行

それぞれの発表について、重要な部分についてまとめていきます。

「iOS 14」ホーム画面のカスタマイズや、App Clipを発表

Wwdc 2020 summary 2
  • ホーム画面を1ページごとに非表示にできる(アプリは削除されない)
  • ホーム画面のアプリを自動で整理してくれる「App Library」を追加
  • ホーム画面にウィジェットなどを配置可能
  • 必要な情報を自動で表示してくれる新ウィジェット「Smart Stack」
  • 「ピクチャ・イン・ピクチャ」を追加
  • 「翻訳」機能を追加、11言語のテキスト・音声に対応、オフラインでも使用可
  • ミー文字に20種類以上の髪型、マスク、ステッカーも追加
  • メッセージのピン留め、スレッド化に対応
  • iPhoneが車のキーとして使用化(2021年製BMW5シリーズから)
  • 車のキーはiMessageで共有可能、紛失してもiCloud経由で無効化
  • 共有時に制限が付与できる
  • 必要な時に、アプリの一部分だけを利用できる「App Clip」を追加
  • マップの経路案内が自転車に対応(日本は未対応)
  • 「Find My」で、サードパーティ製品やアクセサリを検索するためのサポートを追加
  • デフォルトのメール、ブラウザをサードパーティ製に置き換え可能

「iPadOS 14」手書きの文字を自動整形する新機能

Wwdc 2020 summary 3
  • iOS 14と同じウィジェットをホーム画面に追加できる機能
  • 写真、メモ、ファイル、ミュージックにサイドバー&ツールバーを追加
  • 作業中の画面を隠さずに、Siriや通話が可能(iOS 14でも同様)
  • 検索を強化し、デバイス内のすべてを検索可能
  • Apple Pencilで手書きした文字や図を自動整形する「Scribble」を追加
  • 「Scribble」リリース初期は日本語には未対応
  • Safariなどさまざまなアプリのテキストフィールドで動作
  • iOS 14に追加された新機能はすべて利用可能
  • ARKit 4で、LiDARスキャナがキャプチャした情報にアクセス可能
  • ロケーションアンカーを導入し、AR体験を世界の特定ポイントに固定
wwdc-2020-summary-3

「AirPods」映画館のような音を再現

  • 自動的にデバイスを切り替える機能を追加
  • 映画館のように全方向から音が聞こえる「Spatial Audio」を追加
  • 加速度センサーとジャイロスコープで、頭が動いても音が聞こえる方向は頭に対して固定
  • 5.1ch、7.1ch、Dolby Atmosをサポート

「watchOS 7」睡眠トラッキングを追加

Wwdc 2020 summary 4
  • コンプリケーションで1つのアプリを複数追加可能
  • コンプリケーションが利用できる文字盤をさらに追加
  • 文字盤をシェアできる「Face Sharing」機能を追加
  • マップはiOS 14と同様に自転車に対応
  • ワークアウトに「ダンス」を追加
  • 加速度センサーとジャイロスコープで前進の動作を検出して消費カロリーを計算
  • iOSアプリもデザインを刷新
  • 「Activity」から「Fitness」にアプリ名を変更
  • 睡眠トラッキングを追加
  • iPhoneとApple Watchに睡眠モードを追加
  • 「手洗い」を自動検知する新機能を追加
  • ヘッドホンなどで音楽を聴きすぎていると通知する機能(1週間あたり約40時間80デシベル)

「Home」アップデートは地味

  • 「Home Kit」オープンソース化し、さまざまなデバイスと連携可能に
  • 照明や施錠をひと目で確認でき、アプリからのレコメンドも表示
  • 部屋の照明を自動で最適化する「Adaptive lighting」
  • 「Activity Zones」を設定すれば、人を顔認識し、iPhoneやHomePodなどに通知
  • tvOSでXboxのコントローラーに対応
  • ピクチャ・イン・ピクチャに対応
  • 新作映画「FOUNDATION」を2021年公開

「macOS Big Sur」デザインを大幅に刷新

Wwdc 2020 summary 5
  • デザインを刷新。デフォルトアプリのアイコンもすべて見直し
  • サイドバーやツールバーのデザインがシンプルでわかりやすく
  • メニューバーが半透明に変更
  • iOSのコントロールセンターをmacOSにも追加
  • 通知センターはアプリごとにまとまるように
  • 通知センター内にウィジェットを追加可能
  • メッセージを強化、ミー文字をMacで作成可能
  • マップを強化、目的地に向かう友人の到着予定時刻を表示
  • iOS 14で追加されるマップ機能は同様に追加
  • Safariを大幅アップデート、JavaScriptの速度を強化
  • ページ表示速度はChromeより50%高速
  • 各サイトの個人情報収集状況を可視化
  • パスワードの安全性をモニタリング
  • Mac App Storeに拡張機能カテゴリを追加
  • 拡張機能を使うサイトを選択可能
  • スタートページをカスタマイズ可能
  • タブにマウスオーバーでページサムネイルをホバー表示
  • Safari内に翻訳機能を追加

「Apple Silicon」(プロセッサ)への移行を発表

Wwdc 2020 summary 6
  • Apple製のSoC「Apple Silicon」へ移行
  • 電力消費が少なく、ハイパフォーマンスを実現
  • すべてのデフォルトアプリを「Apple Silicon」ネイティブに移行
  • 「Universal 2」でほとんどのデベロッパが数日でネイティブに移行可能
  • Microsoft Officeはすでにネイティブ化、AdobeもCreative Cloudを最適化
  • 「Roseta 2」でシームレスな移行が可能
  • 初のApple Silicon搭載Macは2020年末に発売
  • 移行期間は2年を想定
  • Intel版Macのサポートとアップデートは継続
  • 新しいIntel版Macを発売する予定もある

各OSのリリース時期

Wwdc 2020 summary 7
Apple Beta Software Program
  • 開発者向けベータは本日(6月23日)より公開
  • Public Betaは来月より公開