iPhoneはディスプレイ内蔵の指紋認証を、今後2年以内は採用しないようです

iPhoneはディスプレイ内蔵の指紋認証を、今後2年以内は採用しないようです

2022年4月1日

Appleはディスプレイ内蔵の指紋認証(Touch ID)を搭載するという予測がありましたが、今後2年以内は採用しない可能性があるようです。

iPhoneのディスプレイ内蔵Touch ID、しばらくはないそうです

touch-id

Appleの情報に定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Appleは今後2年以内に、ディスプレイ内蔵の指紋認証(Touch ID)を採用する可能性は低いようです。

Kuo氏は以前、Appleは2023年にディスプレイ内蔵の指紋認証を採用すると予想していましたが、最新の調査では、2023年と2024年に登場するiPhoneでは採用しない可能性があるとしています。

またiPhoneのマスク着用時で利用できるようになったFace IDについて、「優れた生体認証です」と伝えています。

セキュリティ面では、Touch IDよりFace IDが優れていることからも、AppleがTouch IDを再び採用する可能性は低いと考えられます。Appleは、Touch IDを他人が解除してしまう確率は「5万分の1」、Face IDを他人が解除してしまう確率は「100万分の1未満」であると説明しています。

iOS 15.4で「マスク着用でのFace ID」に対応したことで、すでにTouch IDより便利になっているので、正直なところ搭載する理由がないですよね。

drip公認バリスタ