iPhone 14のフロントカメラは「ハイエンド」に、コストは3倍に増加

iPhone 14のフロントカメラは「ハイエンド」に、コストは3倍に増加

2022年5月25日

Appleが2022年に発表する「iPhone 14」では、フロントカメラが強化されると予測されています。ET Newsによると、オートフォーカスを搭載したハイエンドなカメラになるとのこと。

iPhone 14はフロントカメラが良くなる。でもコスト3倍ってことはお値段も……

Apple_iPhone-iPad-Availability_5th-Ave-deirdre-selfie_09242021

ET Newsによると、iPhone 14のフロントカメラのサプライヤーとして韓国のLG Innotekが選ばれ、量産準備を開始したということです。

Appleは2023年の「iPhone 15」から、フロントカメラのサプライヤーとしてLG Inotekを採用する予定だったとのこと。iPhone 14では、フロントカメラが「ハイエンド」になったため、サプライチェーンマネジメントを変更、これまで主要サプライヤーだった中国メーカーが品質テストで問題があり、iPhone 14からLG Innotekを採用することになったといいます。

iPhone 14のフロントカメラの主要サプライヤーは、韓国のLG Innotekと日本のシャープの2社になり、供給比率も同様だといいます。

またiPhone 14では、フロントカメラにオートフォーカス機能を追加するなど、部品単価が向上。業界筋の話として、前モデルと比較して、単価は約3倍になったと伝えています。

Appleの情報に定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏も今年4月、iPhone 14のフロントカメラはオートフォーカスが搭載され、F1.9にアップグレードされると伝えていました。

オートフォーカスと低いF値により、ポートレートモードの被写界深度高価が向上。ビデオ通話でもオートフォーカスが活躍するとされています。

毎度のことながら、カメラ性能の向上が中心になりそうなiPhone 14ですが、コストが増えたということは販売価格にも反映されそうな予感。円安の状況なので、販売価格がどうなるのか、不安しかありませんね。

drip公認バリスタ