WWDCイベントページで「ARトレーディングカード」が楽しめるよ

WWDCイベントページで「ARトレーディングカード」が楽しめるよ

2022年6月2日

Appleはイベントの開催にあわせて公式サイトでARコンテンツのイースターエッグを仕込んでいますが、WWDC 22ではARトレーディングカードが仕込まれています。

Appleとして初?ARトレーディングカードは何種類かあります

apple-wwdc-ar-tradingcard-1.jpg
AppleのARトレーディングカードが登場

WWDC 22が6月6日(日本時間6月7日)から開幕します。Appleのイベントページでは、イベント開催にあわせてARコンテンツのイースターエッグが仕込まれるのが近年ではお馴染みですが、WWDC 22ではARトレーディングカードが仕込まれています。

iPhoneやiPadのSafariから、Appleのイベントページにアクセスし、ミー文字の顔をタップするとARコンテンツが表示されます。

apple-wwdc-ar-tradingcard-3.jpgapple-wwdc-ar-tradingcard-4.jpg
イベントページからARコンテンツにアクセス

トレーディングカードのパッケージが表示されますが、パッケージをタップすると開封される演出が表示され、トレーディングカードが3枚表示されます。

apple-wwdc-ar-tradingcard-2.jpg
3枚のトレーディングカードが表示される

トレーディングカードにはミー文字のキャラクターが描かれていて、タップするとキャラクターの顔が鮮明に表示されます。

何回か試してみたところ、少なくとも9枚のトレーディングカードが存在していることが確認できました。

もしかしたら超レアな10種類目とかがあるかも!?

drip公認バリスタ