iPhone 14、一番安いモデルが13万円に?100ドル値上げの可能性

iPhone 14、一番安いモデルが13万円に?100ドル値上げの可能性

Appleは今秋に「iPhone 14」シリーズを発表すると予測されていますが、その販売価格は100ドル値上げされる可能性があるようです。日本ではAppleの為替レート変更が行われた影響で、値上げになったばかり。

iPhone 14、100ドル値上げか。日本だと約13,000円の値上げ

Apple-WWDC22-Tim-Cook-Apple-Park-hero-220606.jpg

Appleが2022年後半に発表予定の「iPhone 14」シリーズは、100ドルの値上げが行われる可能性があるようです。Wedbush SecuritiesのアナリストであるDanIves氏が述べていると、イギリスのタブロイド紙The Sunが報じています

値上げの理由として、サプライチェーン全体で価格が上昇していることをあげ、Appleはこのコストの増加を価格に反映させると説明しています。

サプライチェーンの価格が高くなっていることは、Appleに限った話ではありません。Appleが値上げの判断をするかはわかりませんが、仮に100ドルの値上げが行われた場合、最も安価なモデルでも899ドルになります。

iPhone 13では"mini"が存在しましたが、iPhone 14では廃止となり、iPhone 14、iPhone 14 Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxの4モデルが登場すると予測されています。

最も安いのはiPhone 13の後継にあたるiPhone 14になりますが、iPhone 13は799ドルなので、iPhone 14は899ドルになります。

iPhoneの為替レートは約131前後に設定されていることから、約13,000円の値上げになります。

iPhone 13発売時の価格は98,800円でしたが、7月1日の価格改定で117,800円になっています。iPhone 14で約13,000円の値上げが行われると、約130,000円になる可能性があります。

とはいえiPhone 14はチップはiPhone 13と同じA15チップが搭載され、最新のA16チップはProモデルのみになるという情報も伝えられています。チップの変更がないなら、iPhone 14のお値段は据え置きになったりしませんかね?

drip公認バリスタ