iPhone 14、A15チップでもiPhone 13よりパフォーマンスが向上するかも

iPhone 14、A15チップでもiPhone 13よりパフォーマンスが向上するかも

2022年8月3日

iPhone 14の標準モデルは、iPhone 13と同じA15 Bionicチップを搭載すると予測されていますが、同じチップでもiPhone 14のほうがパフォーマンスが優れていると予測されています。

iPhone 13と同じA15チップを搭載していても、iPhone 14はパフォーマンスが向上しているそう

iPhone 14 Pro – Silver – Vertical
FRONT PAGE TECHによるiPhone 14 Proのレンダリング画像

Appleのリーク情報で実績のあるリーカーのShrimpApplePro氏によると、iPhone 14の標準モデルは、iPhone 13と同じA15 Bionicチップを搭載しているにも関わらず、iPhone 13よりも全体的なパフォーマンスは向上しているそうです。

パフォーマンス向上の理由として、新しいセルラーモデムや新しい内部設計などが関与しているとしています。

iPhone 14シリーズは、miniが廃止されMaxが追加になると予測されています。

  • iPhone 14
  • iPhone 14 Max
  • iPhone 14 Pro
  • iPhone 14 Pro Max

A15 Bionicチップが搭載されると予測されているのは、iPhone 14とiPhone 14 Maxの2機種。iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは最新のA16 Bionicチップが搭載されると見られています。

またRAMもiPhone 14シリーズは全モデルで6GBを搭載すると報じられています。さらにProモデルでは、より高速なLPDDR5を採用するといいます。iPhone 13シリーズでは、標準モデルが4GB、Proモデルが6GBでした。

drip公認バリスタ